HOME>特集>蜂に襲われないためにどうすべきか?駆除前に知っておくべき知識

蜂に襲われないためにどうすべきか?駆除前に知っておくべき知識

ハチ

蜂に襲われやすい行動

生物界で最強と言われるのが蜂です。都市の住宅街でも近年ではキイロスズメバチによる被害も増えてきています。また、アウトドアスポーツやレジャーなども盛んになっているため、野外で知らず知らずのうちに蜂のテリトリーの中に入ってしまう事も考えられます。一旦襲われると熊や毒蛇などの被害よりも大きくなるため、そうならないよう蜂の習性を良く理解して、身も守るようにしたいものです。蜂から身を守る方法としては、巣に近づかない事、巣に近づいてしまった時にはあらぬ刺激を与えて襲われないようにする事が重要です。とは言え、野外や家の軒下などに出来た巣に気づかずに近づいてしまうのはよくある事です。そういうような場合はどういう行動を取ればいいのでしょうか。襲われやすい行動としては、巣を叩いたり、揺すったりするなどの直接的な行動です。また、巣の近くで大声を立てたり、激しい動きをしたりすると要らぬ刺激を与えてしまいます。ですから、巣を見つけたらすぐにその場所から離れるようにします。部屋の中に迷い込んできたら、いたずらに駆除をしようとせずに気持ちを落ち着かせ、自然に出ていくのを待ちましょう。

手

蜂を寄せ付けることはしないことが一番

人に害を及ぼす代表的な蜂にスズメバチやアシナガバチがいますが、これらの習性を知って寄せ付けないようにする事が大事です。蜂を黒っぽい物を見ると攻撃性が高まる習性があります。活動期である夏場などアウトドアに出かける時は髪を帽子で隠したり、黒っぽい服を身につけるのは控えましょう。整髪料や香水や甘い匂いにも敏感に反応するので注意が必要です。近年、住宅地でも増えて人に危害を与えるキイロスズメバチはスズメバチの中でも最も凶暴性と毒性があるハチです。このキイロスズメバチは屋根裏や軒下、床下などに営巣しますが、巣が大きくなると駆除が難しい蜂の一種です。そのためにも家に寄せ付けない事が大切になっています。このキイロスズメバチは雑食性のため、人の残した残飯などをエサに出来ます。そのためには残飯などを家の周囲に放置しないようにしましょう。甘いジュースなどの匂いにも惹かれてやってくるので、屋外に缶ジュースの飲み残しなどを置くのも良くありません。運悪く自宅に蜂が巣を作ってしまったら、巣が小さいうちに専門業者に相談して駆除する必要があります。賃貸などの場合なら大家か管理会社に相談して早急に駆除してもらいましょう。